【新】東京都新規就農案内リーフレットに繁昌が掲載されました!

ura omote29年度版の東京都新規就農案内リーフレットに、新規就農者の事例として昨年の町田での新規就農者 竹村に続き今年は青梅で就農した繁昌(はんじょう)が掲載されました!

4月から青梅市役所など一部の市役所・町役場の窓口または東京都農業会議さんで配布がスタートします。

もともと自然に興味が強かったことから大学で生命科学を専攻し、その後百貨店の青果部門で農産物の販売のノウハウをカラダで覚え、そして農業を仕事にすることを考えていた矢先にひょんなきっかけから立川市の「なかざと農園」さんと出会い研修が始まり…

そんな、就農2年目をそろそろ迎えようとしている繁昌の今の想いが掲載されています。

ふっかふかな土から生まれる多種多様な農産物へのこだわりも大切にしながら営業・販売方法にも力を入れているその様子は、一度繁昌が出店するイベントブースをご覧になった方は感じてくれているはず。

そんなノウハウをもとに、今後は青梅から仲間とともにイベントや販売出店も目指しているそうです。

「ぼく誰とでも話せるんですよね」と笑う、フットワークの軽い「繁昌農園TOKYO」にぜひご期待ください!

- – - – - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - 

【SHARE THE LOVE for JAPAN】

https://sharethelove.jp/challengers/hanjou/

【全国農業新聞 新年号】青梅市 繁昌が掲載されました!

http://tokyo-neo-farmers.com/archives/1581

- – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - - - – - -

【紹介】リーフレットvolume006、完成!

 

omoteura

nakamen

 

メンバーが増えるたび、次々更新される東京NEO-FARMERS!リーフレット。

これから、完成したらどんどんアップしていくことにしました。

気付けばこんなにメンバーが増えている!笑

ちなみに初期はこんな感じだったのですよ。  ↓↓↓↓↓↓↓↓

naka20121029 このリーフレットは主に、以下で配布しています。

◎東京都農業会議さん

◎いなげや福生銀座店さん

◎メンバーの出店するイベント(このHPをチェックしてね)

◎メンバーから直接

ぜひ手に取って見てみてくださいね!

東京NFポスター、10/20デビュー!


東京NEO-FARMERSのポスターが、

10/20に池袋で行なわれた「新・農業人フェア」でデビューしました!

「新しい農業のスタンダード」をテーマに、制作しています。

メンバーのアイドル並みのスマイルが集合した後ろには、

こっそり隠れキャラもいたりします。ぜひ探してみてくださいね。

当日のフェアでは、

全国から農家を目指す人々が各都道府県ブースに散る中、

東京ブースは大賑わい。

東京農業会議 松澤さん始め農家メンバーは

先輩講師として登壇したり、相談役としてアドバイスしたりで、

大活躍していた一日でした。

このサイトについて

このサイトは、2012年に結成した「東京NEO‐FARMERS!」のメンバー!「新規就農者」「新規就農に向け準備を進めている者」また、「新規就農者と共に農業に熱い思いを持っている者」達が互いに交流し、それぞれの活動を多くの皆様にお伝えする事を目的に作成しました。

そして、「これから東京で農業したい」と考えている方々へも、新鮮な情報をお伝え出来る様に努めていきます。

東京NEO-FARMERS!のデザインについて。

「東京NEO-FARMERS!」とは

“常識を突き破る、新しくて、超カッコいい東京新規就農家集団!”です。

 

様々な想いを抱えながら「農家になる!!」と決意した若人たちと

志高き東京農業会議Mさんが運命的に出会い、

2009年からスタートした前代未聞の東京新規就農計画___

その物語はまだまだ始まったばかりです。

 

”未来の新しいスタンダード”をつくりだすFARMERSと、

太陽に向かって伸びる可能性多き”新芽”。

これらがモチーフになり、

東京NEO-FARMERS!のデザインアイデンティティは生まれました。

 

土を耕し種を植え、愛情や手間をかけ、魅力的な農産物へと完成させ、旅立たせる…

東京NEO-FARMERS!のデザインも農業のように、

今まさに美味しくなるよう手間暇かけて育てているところです。

今後も、どうぞお楽しみに。

 

《文責:江藤 梢》